エコマネー : ビッグバンから人間に優しい社会へ

加藤敏春 著

"エコマネー"とは、環境、福祉、コミュニティ、文化などに関する多様でソフトな情報を媒介する21世紀のマネーである。画一的な価格情報を媒介する現在のマネーとは異なり、人間の多様性をそのままのかたちで媒介する温かいお金であり、インフレやバブルも起こさない。すでに"エコマネー"は登場している。いま、関心を集めている電子マネーの真の活用方法は、その"エコマネー"化にある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エコマネーの思想-なぜ、エコマネーが必要か?
  • 第2章 金融のパラダイムシフト-マネー経済化による世界単一の価格づけ
  • 第3章 経済のパラダイムシフト-「ゼロインフレ時代」の到来
  • 第4章 貨幣のパラダイムシフト-電子マネーの登場と二一世紀の並行通貨制への展望
  • 第5章 環境のパラダイムシフト-地球環境問題にいかに取り組むか?
  • 第6章 環境とコミュニティのパラダイムシフト-サステイナブル・コミュニティの実現
  • 第7章 人間のパラダイムシフト-エコミュニティの創造へ
  • 終章 エコマネーの世界-真のバリュー・フォー・マネーの実現

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エコマネー : ビッグバンから人間に優しい社会へ
著作者等 加藤 敏春
書名ヨミ エコマネー : ビッグバン カラ ニンゲン ニ ヤサシイ シャカイ エ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1998.9
ページ数 23, 432p
大きさ 20cm
ISBN 4818809993
NCID BA37355641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99035138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想