ふだん着の福澤諭吉

西川俊作, 西澤直子 編

本書は、かつて『三田評論』誌に掲載された、福沢諭吉について孫や子の語った父諭吉祖父諭吉の日常や聞き伝え、また門下生の見聞や追憶を集めたものである。福沢は写真好きと言っても良いほど多くの肖像写真を残しているが、明治人らしくどれも真顔ばかり。それにくらべると、ここに集めた話はいわばスナップ・ショットのようなもので、まこと意外な素顔を伝えてくれる。このほか、数多い評伝ではあまり取り上げられない福沢のユーモア精神、演説の仕方、家族連れの旅、そして自画像『福翁自伝』を通してうかがわれる姿を語る座談会、講演、随筆を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 子と孫が語った諭吉(父諭吉の日常
  • 問答有用
  • 馬を好む父諭吉 ほか)
  • 2 門下生が語る福沢諭吉(福沢先生の平生と其の著書
  • 書生の観た福沢先生
  • 福沢先生に就て ほか)
  • 3 福沢諭吉クローズ・アップ(福沢先生のユーモア
  • 演説姿の福沢肖像
  • 福沢諭吉と漫画 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふだん着の福澤諭吉
著作者等 西川 俊作
西澤 直子
西沢 直子
書名ヨミ フダンギ ノ フクザワ ユキチ
シリーズ名 Keio UP選書
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 1998.8
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 4766407083
NCID BA37348340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99045357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想