ドイツ古典哲学

ベルナール・ブルジョワ 著 ; 樋口善郎, 松田克進 訳

ベーメ、ライプニッツ、カント…そして、哲学史はヘーゲルへと流れつく!本書は、ドイツ本来の思惟が古典哲学として完成されるまでの軌跡を、三段階に区分したうえで明快に描き出す。「世界に対峙し、知の体系を希求したゲルマン魂」をあざやかに摘出してみせる、ヘーゲル理解への最短コース。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ドイツの前哲学からドイツの古典哲学へ(ドイツの前哲学
  • ドイツの古典哲学)
  • 第2部 ドイツ古典哲学(カント
  • カントからヘーゲルへ
  • ヘーゲル)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ古典哲学
著作者等 Bourgeois, Bernard
松田 克進
樋口 善郎
ブルジョワ ベルナール
書名ヨミ ドイツ コテン テツガク
書名別名 La philosophie allemande classique

Doitsu koten tetsugaku
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1998.9
ページ数 168, 1p
大きさ 18cm
ISBN 4560058075
NCID BA37266348
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99031810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想