心の先史時代

スティーヴン・ミズン 著 ; 松浦俊輔, 牧野美佐緒 訳

人間はなぜ文化をもったのか。人類は600万年前に進化の系統樹から猿と分かれ「心」を進化させた。文字や石器の登場以前の先史時代に、人類はその心で何を見て、何を考えていたのか?心のシステムを解明する進化心理学と、認知考古学の最新データを駆使して、心の世界へ新たな扉を開ける。芸術・宗教・科学の起源。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ考古学者が人間の心について問うのか
  • 第2章 過去のドラマ
  • 第3章 現代人類の心の基本構造
  • 第4章 心の進化についての新しい説
  • 第5章 猿とミッシング・リンクの心
  • 第6章 最初の石器を作った人間の心
  • 第7章 初期人類の心における多様な知能
  • 第8章 ネアンデルタール人のように考えてみる
  • 第9章 人間の文化のビッグバン-芸術と宗教の起源
  • 第10章 ではそれはどのように起きたのか
  • 第11章 心の進化
  • エピローグ 農業の起源

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の先史時代
著作者等 Mithen, Steven J.
松浦 俊輔
牧野 美佐緒
Mithen Steven
ミズン スティーヴン
書名ヨミ ココロ ノ センシ ジダイ
書名別名 The prehistory of the mind
出版元 青土社
刊行年月 1998.8
ページ数 375, 35p
大きさ 20cm
ISBN 4791756533
NCID BA37239083
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99087638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想