経済学の世界へ : 経済の歴史と経済学の歩み

大田一廣 ほか著

200年に及ぶ経済学の歩みを、経済社会の発展の歴史とかかわらせて平易に解説しました。すべての経済学の発展は、その時代の直面した経済問題の解決をめざした苦闘の歴史です。そのような人間の営みとしての経済学を、生き生きと描き出した斬新な経済学入門です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 経済学の生誕と形成-19世紀の経済と社会(ヨーロッパ世界と近代経済-書き換えられる世界地図
  • マネーゲームと「国民経済」の展開-秩序なき戦いに賭けるプレイヤーたち
  • 貨幣と富と労働と-秩序と不安のはざまで
  • 資本制経済の胎動-イギリスの繁栄の光と影 ほか)
  • 第2部 経済学の展開と変貌-20世紀の経済と社会(国際機関の設立へ-多国間の調整をめざして
  • 経済学の新しい展開-試行錯誤のなかから
  • 市場の役割と政府の役割-失敗を乗り越えて
  • 大衆消費社会の到来-20世紀資本主義とは ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の世界へ : 経済の歴史と経済学の歩み
著作者等 大田 一広
太田 一広
安藤 金男
有泉 哲
池尾 愛子
井上 泰夫
書名ヨミ ケイザイガク ノ セカイ エ : ケイザイ ノ レキシ ト ケイザイガク ノ アユミ
シリーズ名 有斐閣アルマ : Interest
出版元 有斐閣
刊行年月 1998.8
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 4641120587
NCID BA37169046
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99031697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想