マックス・ヴェーバーとアジアの近代化

富永健一 著

近代化を探究したマックス・ヴェーバーは、宗教改革を経た禁欲的なプロテスタンティズムが、勤勉に働き資本形成に励む企業家精神を養い資本主義を生んだとした。一方、アジアの神秘主義的な儒教や現世逃避的な仏教は、合理化を求める近代化とは相いれず、日本のみが西欧的な封建制をもったため容易に資本主義を受けいれることができたとする。ヴェーバーの理論でアジアの近代化の問題点を指摘する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の近代化とマックス・ヴェーバーの社会学理論
  • 第2章 資本主義の精神における西洋対東洋-アジアにおける近代化の未成熟
  • 第3章 マックス・ヴェーバーと中国および日本の近代化
  • 第4章 日本の近代化と欧米の社会学思想-日本の精神的近代化過程の一側面
  • 第5章 マックス・ヴェーバーと経済社会学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マックス・ヴェーバーとアジアの近代化
著作者等 富永 健一
書名ヨミ マックス ヴェーバー ト アジア ノ キンダイカ
書名別名 Makkusu veba to ajia no kindaika
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1998.8
ページ数 288p
大きさ 15cm
ISBN 4061593390
NCID BA37165464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99029148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想