近代美術の巨匠たち

高階秀爾 著

あの名作はどのようにして生まれたか。飽くことなく「光」を追求したモネ、不遇の天才セザンヌ、女性の美を絵筆に託したルノワール、単身タヒチに渡り、絵を描きながら孤独のうちに病没したゴーガンなど、近代絵画史に偉大な足跡を残した画家たち。その生い立ちから画家としての目覚め、数々の名作を描くにいたるまで、生活史をも織り込んで描く、巨匠列伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • モネ-私は生まれた時からきかん坊であった…
  • セザンヌ-動いちゃいけない。林檎が動くか!
  • ルドン-私はただ芸術を創造しているだけなのだ…
  • ルノワール-乳房とお尻にたいして優れた感覚を持っている画家は…
  • ユトリロ-何も飲まずに描くなどということは考えられない…
  • モディリアニ-さあ、一枚五フラン…
  • ゴーガン-これからは絵を描くんだ…毎日ね
  • ピカソ-何百という鳩がいるんだ…
  • ゴッホ-赤と緑で人間の恐ろしい情念を…
  • ロートレック-自由を奪われた者はすべて死に向かう…
  • ボナール-その娘たちの顔を思い出して…
  • デュフィ-色彩の魂である光のための闘い…
  • ルソー-今ほんとうに画家と言える人は君と僕だけだ…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代美術の巨匠たち
著作者等 高階 秀爾
書名ヨミ キンダイ ビジュツ ノ キョショウタチ
書名別名 Kindai bijutsu no kyoshotachi
シリーズ名 高階秀爾コレクション
出版元 青土社
刊行年月 1998.8
ページ数 264, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4791791223
NCID BA37161055
BN01837970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99087607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想