ベースボール創世記

佐伯泰樹 著

本書は、ベースボール創世の神話と史実の吟味を縦軸に、それにかかわるアメリカ野球人の夢と生態をいきいきと描く。その縦軸と交わったり、すれ違ったりした文人たち、ポオ、メルヴィル、ホイットマン、そしてもちろんフェニモア・クーパー、さらに漂流民万次郎さえ登場して活躍する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大いなる幻影
  • 第2章 一八四五年の草野球
  • 第3章 Take Me Out to the Elysian Fields
  • 第4章 ニューヨーク-一八四五年
  • 第5章 ベースボールの伝道師
  • 第6章 遙かなるクーパーズタウン
  • 第7章 それから-明暗

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベースボール創世記
著作者等 佐伯 泰樹
書名ヨミ ベースボール ソウセイキ
書名別名 Besuboru soseiki
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 1998.8
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4106005441
NCID BA37157342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99027301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想