教育の情報化と認知科学 : 教育の方法と技術の革新

今栄国晴 編著

本書は、情報化社会の進行を背景とした教育を考える手がかりとなるとともに、教員免許を取得するのに必要な科目「教育の方法と技術」の教科書として使用されることを目的として編集された、『教育の情報化と認知科学』(1992年初版)を一部改訂したものである。インターネットの急成長に象徴されるように、世界とわが国の情報化は予測を上回る速度で進行し、初版のコンピュータ関係の叙述は、残念ながら現在の状況を説明しきれない部分が多くなった。そのため、特に、コンピュータに関係する章のみを改訂の対象として新版を編集した。また、特別活動と重複する内容の章は削除した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 教育技術の進歩と人間(教育の情報化と教育方法の改革
  • 認知心理学と教育過程 ほか)
  • 第2部 授業の理解(授業のモデルと指導類型
  • 授業設計の方法 ほか)
  • 第3部 メディアと教育(教育メディアの特性と放送教育の利用
  • 映像と学習 ほか)
  • 第4部 コンピュータの利用(コンピュータとその利用技術の進歩
  • 授業の中のコンピュータ利用と情報教育 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育の情報化と認知科学 : 教育の方法と技術の革新
著作者等 今栄 国晴
書名ヨミ キョウイク ノ ジョウホウカ ト ニンチ カガク : キョウイク ノ ホウホウ ト ギジュツ ノ カクシン
書名別名 Kyoiku no johoka to ninchi kagaku
出版元 福村
刊行年月 1998.8
版表示 新版.
ページ数 223p
大きさ 21cm
ISBN 457122043X
NCID BA37153501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99092889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想