憲法五十年の展望  2 (自由と秩序)

佐藤幸治, 初宿正典, 大石眞 編

日本国憲法を中心とする法制度の下で、わが国は廃墟から立ち直り、今日に至った。とはいえ、憲法施行後五十年を経て、日本の社会も日本を取り巻く国際環境も、大きく変わった。著しく変貌する世紀末にあって、来たる21世紀への展開を考えるとき、憲法上の諸制度の構造と機能を実態に即して吟味検討することは、喫緊の課題であるといえよう。そこで、2巻では「自由と秩序」という基本的視座の下に、憲法の成立と五十年の運用をいま一度省察し、制度・実務にも十分に配慮しながら、今後の課題と解決の方法を具体的に探求し提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自由の法秩序
  • 第2章 法の支配と司法権-自由と自律的秩序形成のトポス
  • 第3章 最高裁と下級審
  • 第4章 最高裁判所の憲法判例の半世紀
  • 第5章 違憲審査制と民主制
  • 第6章 実効的人権救済権論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法五十年の展望
著作者等 佐藤 幸治
初宿 正典
大石 真
書名ヨミ ケンポウ ゴジュウネン ノ テンボウ
書名別名 自由と秩序
巻冊次 2 (自由と秩序)
出版元 有斐閣
刊行年月 1998.8
ページ数 400p
大きさ 22cm
ISBN 4641128375
NCID BA37152564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99022747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想