コンポーネントウェア

青山幹雄, 中所武司, 向山博 編

本書は、コンポーネントウェアの考え方や技術の体系を示す。ActiveX/COM、CORBA、JavaBeansなどの代表的コンポーネントウェアのアーキテクチャ、コンポーネントウェアによる開発技術、ビジユアル開発環境、開発事例を整理し、その技術を体系化して示す。さらに、今後のソフトウェア開発に必要な分散オブジェクト環境、フレームワーク、デザインパターン、Web連携もあわせて紹介する。これからコンポーネントウェアを開発、実践、研究しようとする技術者のみならず、ソフトウェアの研究開発に従事するすべての人に贈る新しいソフトウェア開発技術の体系である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いま、なぜコンポーネントウェアか
  • 2 コンポーネントアーキテクチャ
  • 3 開発方法論と開発環境
  • 4 アプリケーション開発事例
  • 5 評価と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンポーネントウェア
著作者等 中所 武司
向山 博
青山 幹雄
書名ヨミ コンポーネントウェア
出版元 共立
刊行年月 1998.8
ページ数 290p
大きさ 21cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 432002902X
NCID BA3712759X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99027129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想