パリ食いしんぼう留学記 : ル・コルドン・ブルーの日々

塚本有紀 著

フランス料理と菓子づくりを学ぶため、ヨーロッパ最高の料理学校へ、いざ入学。言葉も技術も未熟者ながら、誇り高きシェフに鍛えられ、世界各国から集まった仲間たちとともに料理の真髄をつかんでゆく。驚異的な手間から生まれるコンソメ。ソースの力。素材の旨味を最大限に引きだす煮込み料理。繊細かつ大胆なパイやアントルメ。本物のパン、チーズ、ワインの味を求めて旅もした。ブルゴーニュ、ロマネ・コンティ、プロヴァンス…世界に冠たるフランス料理を支えるのは、各地の豊饒な食文化だった。美味の都パリでの、刺激と発見にみちた二年間。みずみずしい果実のような留学記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 怒涛の十週間
  • 2 コルドン・ブルーの日々
  • 3 パリ居残り大作戦
  • 4 アシスタント奮闘す
  • 5 フランス人の職人たち
  • 6 修業は続く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリ食いしんぼう留学記 : ル・コルドン・ブルーの日々
著作者等 塚本 有紀
書名ヨミ パリ クイシンボウ リュウガクキ : ル コルドン ブルー ノ ヒビ
書名別名 Pari kuishinbo ryugakuki
出版元 晶文社
刊行年月 1998.7
ページ数 251, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4794963610
NCID BA37125696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99022240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想