覇権後の国際政治経済学

ロバート・コヘイン 著 ; 石黒馨, 小林誠 訳

[目次]

  • 第1部 問題と概念(現実主義・制度主義・協調
  • 政治学・経済学・国際システム
  • 国際政治経済における覇権)
  • 第2部 協調と国際レジームの理論(協調と国際レジーム
  • 合理的選択と機能主義的説明
  • 国際レジームの機能主義理論
  • 限定合理性と利己主義の再定義)
  • 第3部 覇権と協調の現実(戦後の覇権的協調
  • 覇権的レジームの不完全な衰退
  • 消費国の石油レジーム-1974〜81年)
  • 第4部 結論(制度の価値と柔軟性の費用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 覇権後の国際政治経済学
著作者等 Keohane, Robert O.
Keohane, Robert Owen
小林 誠
石黒 馨
Keohane Robert O.
コヘイン ロバート
書名ヨミ ハケンゴ ノ コクサイ セイジ ケイザイガク
書名別名 After hegemony

Hakengo no kokusai seiji keizaigaku
出版元 晃洋書房
刊行年月 1998.8
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 477101003X
NCID BA3709464X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99065624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想