水族館のはなし

堀由紀子 著

楽しいイルカのショー、かわいらしいペンギン、ラッコ、北の海の力強い魚群や南の海の色とりどりの魚たち、神秘的なクラゲ…水族館は居ながらにして世界中の海の中が探検できるワンダーランドだ。また多種多様な水の生物の分類研究や希少種の保護など、数多くの大切な活動もある。水族館の歴史から現在、これからのあり方までを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 水族館-誕生から現在まで(水族館の誕生
  • 水族館とアカデミズム
  • 世界の水族館はいま
  • 日本の水族館の歴史)
  • 第2部 水族館の役割(水族館の役割と展示の方法
  • 飼育の挑戦
  • 水族館のイルカたち
  • マリン・マンマルズ-海獣類
  • ヨウスコウカワイルカの保護活動
  • 少なくなった日本産の淡水魚)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水族館のはなし
著作者等 堀 由紀子
書名ヨミ スイゾクカン ノ ハナシ
書名別名 Suizokukan no hanashi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.8
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 4004305756
NCID BA37062767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99031820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想