フランス恋愛小説論

工藤庸子 著

恋愛はいかに書かれてきたのか。「明晰な心理描写」を伝統とする名作群から、『クレーヴの奥方』『危険な関係』『カルメン』『感情教育』『シェリ』をとりあげ、サロン、手紙、寝室の機能、プライヴァシーやジェンダーの成り立ちなど、作品の背後に広がる時代と、そこを源泉とする感情やふるまいの描写の妙を教える、新鮮な古典案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『クレーヴの奥方』-ラファイエット夫人
  • 2 『危険な関係』-ショデルロ・ド・ラクロ
  • 3 『カルメン』-プロスペール・メリメ
  • 4 『感情教育』-ギュスターヴ・フローベール
  • 5 『シェリ』-コレット

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス恋愛小説論
著作者等 工藤 庸子
書名ヨミ フランス レンアイ ショウセツ ロン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.8
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 400430573X
NCID BA37062166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99031821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想