イギリス支配とインド・ムスリム

宮原辰夫 著

本書は、インドにおけるヒンドゥー・ムスリム間の対立の歴史的起源が一体どこにあるのかを明らかにするために、イギリスが事実上、インドにおける領土支配を開始するプラッシーの戦い(一七五七年)から「宗派対立」が最初の高揚を見せた1870年代頃にかけて、インドで展開されたイギリス植民地支配の変容、およびそれに対するインド・ムスリムの対応を、政治・経済的状況と関連させながら、宗教的・文化的な観点から歴史的に考察したものである。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1章 ヨーロッパ人のインド観(はじめに
  • 東方世界「インド」の発見 ほか)
  • 第2章 イギリス支配のイデオロギー(はじめに
  • イギリスの植民地政策の転換 ほか)
  • 第3章 インドにおける近代イスラーム改革運動(はじめに
  • 北インドにおける近代イスラーム改革運動 ほか)
  • 第4章 インド大反乱をめぐるイギリスとムスリムの相克(はじめに
  • イギリス人のムスリム・イメージの変容 ほか)
  • 終論 「想像の共同体」の発見とその社会的要因-十九世紀後半から十九世紀末の連合州を中心に(はじめに
  • 連合州におけるムスリムの「社会構造」と「居住分布」 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文目録
  • 目次 / p5
  • まえがき / p1
  • 序論 先行研究の批判的検討と問題の所在 / p1
  • 一 はじめに / p1
  • 二 宗派対立とインド・パキスタン分離独立の原因をめぐる諸説 / p3
  • 三 諸説についての批判的検討 / p9
  • 四 むすびに / p26
  • 第一章 ヨーロッパ人のインド観 / p29
  • 一 はじめに / p29
  • 二 東方世界「インド」の発見 / p32
  • 三 フランスの知識人とインド / p39
  • 四 イギリスの歴史家とインド / p48
  • 五 むすびに / p62
  • 第二章 イギリス支配のイデオロギー / p67
  • 一 はじめに / p67
  • 二 イギリスの植民地政策の転換 / p69
  • 三 「東洋的専制主義」とインド / p73
  • 四 近代イギリスにおける時代思潮とインド / p77
  • 五 むすびに / p101
  • 第三章 インドにおける近代イスラーム改革運動 / p105
  • 一 はじめに / p105
  • 二 北インドにおける近代イスラーム改革運動 / p108
  • 三 ワリーウッラー以後の近代イスラーム改革運動 / p124
  • 四 ベンガルにおけるムスリムの宗教・社会改革運動 / p138
  • 五 むすびに / p160
  • 第四章 インド大反乱をめぐるイギリスとムスリムの相克 / p164
  • 一 はじめに / p164
  • 二 イギリス人のムスリム・イメージの変容 / p166
  • 三 インド大反乱後のムスリム宗教・社会改革運動 / p179
  • 四 むすびに / p211
  • 終論 「想像の共同体」の発見とその社会的要因-十九世紀後半から十九世紀末の連合州を中心に- / p217
  • 一 はじめに / p217
  • 二 連合州におけるムスリムの「社会構造」と「居住分布」 / p219
  • 三 イギリスによる官僚機構の確立とコミュニケーション技術の発達 / p225
  • 四 近代的教育制度の発達と新しいエリートの誕生 / p231
  • 五 「言語」をめぐるヒンドゥー・ムスリム間の対立 / p239
  • 六 むすびに / p244
  • 結論-本書の要約と今後の課題 / p247
  • 主要文献目録 / p9
  • 人名索引 / p1
  • 事項索引 / p4

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イギリス支配とインド・ムスリム
著作者等 宮原 辰夫
書名ヨミ イギリス シハイ ト インド ムスリム
書名別名 Igirisu shihai to indo musurimu
出版元 成文堂
刊行年月 1998.8
ページ数 252, 18p
大きさ 22cm
ISBN 4792331420
NCID BA37014491
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99029437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想