英語になりにくい日本語をこう訳す : The Japanese-English ways of thinking : 日本語的発想・英語的発想

山岸勝榮 著

普段何気なく使っていても、いざ英語に訳そうとすると、「?」となってしまう、そんな日本的表現をどう英語に直すか。その訳し方のコツと、さらには、日本語的発想に引きずられ、日本人がおかしがちな英訳の問題点をも具体的に指摘する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本語らしい日本語を英訳する(日常の挨拶
  • 感謝・お礼の表現
  • 謙遜の表現
  • おわびの表現
  • そのほかの日常的な言い回し)
  • 第2部 日本語的発想による英訳の問題点(日本文化に根ざした表現
  • 日英の発想のずれ
  • ニュアンスのずれ
  • もっと英語らしい英語に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語になりにくい日本語をこう訳す : The Japanese-English ways of thinking : 日本語的発想・英語的発想
著作者等 山岸 勝栄
書名ヨミ エイゴ ニ ナリニクイ ニホンゴ オ コウ ヤクス : Japanese - English ways of thinking : ニホンゴテキ ハッソウ エイゴテキ ハッソウ
出版元 研究社
刊行年月 1998.7
ページ数 172p
大きさ 19cm
ISBN 4327451258
NCID BA37001398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99024239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想