カフカ、映画に行く

ハンス・ツィシュラー 著 ; 瀬川裕司 訳

カフカはいつ・どこで・何を観たか。『白い奴隷女』『男泣かせの女』『シオンへの帰還』など、作家を魅きつけた映画を日記や手紙から追跡し、斬新な手法でその文学と人物にアプローチした待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 観客
  • 弁士
  • 悲しき文通者、あるいは散歩者
  • 皇帝の名前
  • またしてもこの白い奴隷女
  • 破線で描かれたパリ、もしくはモナリザの盗難
  • 幕間
  • 拉致されて、あるいはリュツォヴの猟人団
  • 任意の例、もしくは分身
  • 見えない観光名所、もしくは男泣かせの女〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カフカ、映画に行く
著作者等 Zischler, Hanns
瀬川 裕司
ツィシュラー ハンス
書名ヨミ カフカ エイガ ニ ユク
書名別名 Kafka geht ins Kino
出版元 みすず書房
刊行年月 1998.7
ページ数 201p
大きさ 21cm
ISBN 4622047071
NCID BA36980899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99026711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想