真理と美 : 科学における美意識と動機

スブラマニアン・チャンドラセカール 著 ; 豊田彰 訳

16〜17世紀の偉大な科学者たちが追求した目的意識を継承しつつ科学と芸術における創造性の類型を考察し、科学の発展において美的感受性が果たす役割を探る。アメリカの天体物理学者(1983年ノーベル物理学賞)の40年に及ぶ広範な講演録。チャンドラセカール科学と芸術の創造性。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 科学者
  • 2 科学の研究-その動機
  • 3 シェイクスピア、ニュートン、ベートーヴェン、あるいは創造性の型-ノラおよびエドワード・ライアーソン講演
  • 4 美、ならびに科学における美の探求
  • 5 エドワード・アーサー・ミルン 現代天文学の発展におけるその役割-ミルン講演
  • 6 エディントン 同時代の最も偉大な天体物理学者・エディントン 一般相対論の解説者兼擁護者-アーサー・スタンリー・エディントン生誕百年記念講演
  • 7 一般相対性理論の審美的基礎-カール・シュワルツシルト講演

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真理と美 : 科学における美意識と動機
著作者等 Chandrasekhar, S.
Chandrasekhar, Subrahmanyan
豊田 彰
チャンドラセカール スブラマニアン
書名ヨミ シンリ ト ビ : カガク ニ オケル ビイシキ ト ドウキ
書名別名 Truth and beauty

Shinri to bi
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 585
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.7
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 4588005855
NCID BA36936434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99057809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想