鴎外・漱石・芥川

蒲生芳郎 著

鴎外をドストエフスキーから照射し、漱石文学の軌跡を駆け抜け、芥川文学の詩心の行方を探る!近代文学の三つの高峯に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 鴎外・ドストエフスキー・漱石(鴎外とドストエフスキー-『灰燼』と『悪霊』の関係を中心に
  • 『明暗』のリアリズム-その人物造型の特質について)
  • 2 三人の女物語-美禰子・信子・菜穂子という系譜(「三人の女」の系譜について
  • 『三四郎』(夏目漱石)の美禰子
  • 『秋』(芥川龍之介)の信子
  • 『菜穂子』(堀辰雄)の菜穂子)
  • 3 鴎外・漱石・芥川(鴎外史伝の始動-歴史と小説のあいだ
  • 漱石文学の軌跡-『吾輩は猫である』から『明暗』まで
  • 芥川文学の構図-断章的展望の試み)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鴎外・漱石・芥川
著作者等 蒲生 芳郎
書名ヨミ オウガイ ソウセキ アクタガワ
出版元 洋々社
刊行年月 1998.6
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 4896749103
NCID BA36871226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99042820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想