パリ68年5月 : 叛逆と祝祭の日々

江口幹 著

パリ大学ナンテール分校を発火点とし、全土に拡がっていった「5月」。支配・管理の構造を解体しようとする運動と、これを維持し温存しようとする体制との攻防を軸に、貴重な証言と資料を交え、その全貌を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発火点-パリ大学ナンテール分校
  • 第2章 フランスを震撼させた日々
  • 第3章 六八年五月の精神と現実
  • 第4章 あの日々からの三十年-継承と逆流
  • 第5章 いま、なぜ、六八年五月を語るのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリ68年5月 : 叛逆と祝祭の日々
著作者等 江口 幹
書名ヨミ パリ 68ネン 5ガツ : ハンギャク ト シュクサイ ノ ヒビ
書名別名 Pari 68nen 5gatsu
出版元 論創社
刊行年月 1998.6
ページ数 228p
大きさ 20cm
ISBN 4846000508
NCID BA36848585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99076217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想