究極の探究

井上忠 著

巧緻を極めた完全犯罪の罠ともいうべき言葉の繭を破り「神」と「死」の謎に迫る、躍動感溢れる究極の探究報告。「いま」生きているこの現場の徹底究明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 非伝達性の言語-超開放系の言語素描
  • 活勢言語と地平設定機能
  • 口説きと運命-パルメニデスを言語機構分析すれば
  • 時間と運命-死後の門
  • ミュトスと事実-オイディプスへの途
  • 罠にかかったアリストテレス〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 究極の探究
著作者等 井上 忠
書名ヨミ キュウキョク ノ タンキュウ : カミ ト シ ノ ゲンゴ キコウ ブンセキ
書名別名 神と死の言語機構分析
出版元 法藏館
刊行年月 1998.7
ページ数 289, 23p
大きさ 22cm
ISBN 4831872016
NCID BA36844234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99034345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想