インド対パキスタン : 核戦略で読む国際関係

西脇文昭 著

本書は、インド、パキスタンの核実験の背景と原因の分析を通じて、インド亜大陸の成り立ちと、安全保障を中心とした国際関係についての理解を深めさせるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宿命の敵対関係
  • 第2章 「大国」めざすインド
  • 第3章 「中国の核の脅威」は本当か?
  • 第4章 インドの核開発-歴史と特色
  • 第5章 パキスタンの核開発-歴史と特色
  • 第6章 ウラン型とプルトニウム型-両国の核技術比較
  • 第7章 「核保有国」へのハードル
  • 第8章 なぜいま、核実験だったのか
  • 第9章 カギ握る米国の対応

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インド対パキスタン : 核戦略で読む国際関係
著作者等 西脇 文昭
書名ヨミ インド タイ パキスタン : カク センリャク デ ヨム コクサイ カンケイ
書名別名 Indo tai pakisutan
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1998.8
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 4061494139
NCID BA36799796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99026755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想