ナチの絵画略奪作戦

エクトール・フェリシアーノ 著 ; 宇京頼三 訳

フェルメール、レンブラント、ドガ、セザンヌ、ファン・ゴッホ、ピカソ、マティス…第二次大戦下のヨーロッパで多くの名画がナチに収奪され姿を消した。2万点を超えたというその「美術品狩り」でヒトラーは何を企て、ゲーリングは何をもくろんだのか?今もなお続く事件と解けない謎の数々。調査ジャーナリストの著者が長年にわたる追跡から絵画略奪作戦の全貌に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ある芸術愛(フェルメールの『天文学者』、またはヒトラーの盲点
  • キュンメル報告、またはナポレオンへのナチの答え ほか)
  • 第2部 略奪の解剖(ロートシルド・コレクションの模範的略奪
  • ポール・ロザンベール・ギャラリー、売却用「近代退廃」芸術 ほか)
  • 第3部 売却用芸術作品(ジュ・ドゥ・ポームの訪問者たち
  • いつもどおりのビジネス-戦時中のパリ美術市場 ほか)
  • 第4部 戻ってきた絵(取り戻したものと行方不明のもの
  • 短いスイスのエピローグ-芸術作品倉庫の買収品 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナチの絵画略奪作戦
著作者等 Feliciano Ramos, Héctor R.
Feliciano, Hector
宇京 頼三
フェリシアーノ エクトール
書名ヨミ ナチ ノ カイガ リャクダツ サクセン
書名別名 The lost museum
出版元 平凡社
刊行年月 1998.7
ページ数 445p
大きさ 20cm
ISBN 4582824218
NCID BA36793654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99029362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想