分子進化 : 解析の技法とその応用

宮田隆 編

本書は、分子進化の基礎的概念とその技法の習熟を目的とする一般学生の教科書として、また分子生物学、動物学、植物学などさまざまな生物学の分野で実際の研究に応用することを試みる大学院生ならびに研究者を対象とした入門的実用書として企画されたもの。あくまで実用的書物であることに配慮しつつ、具体例を多く取り入れて、平易に解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 分子進化のメカニズム(分子進化学のあゆみ
  • 分子進化の基本的な考え方
  • 塩基配列およびアミノ酸配列の解析法 ほか)
  • 第2部 分子系統進化学(分子系統樹推定法
  • 生物の系統進化への応用
  • 古代DNAと化石DNA)
  • 第3部 遺伝子族の進化(ホモロジーの検出法と配列のアラインメント
  • ホモロジー探査と超遺伝子族の多様性)
  • 第4部 データベースの利用(データベースの背景
  • DDBJの現状
  • DDBJの利用方法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子進化 : 解析の技法とその応用
著作者等 宮田 隆
書名ヨミ ブンシ シンカ : カイセキ ノ ギホウ ト ソノ オウヨウ
出版元 共立
刊行年月 1998.8
ページ数 196p
大きさ 22cm
ISBN 4320054873
NCID BA36774004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99019690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想