茶から茶道へ : 茶文化の思想的背景に関する研究

東君 著

日本の茶道と中国の仙道のつながり-波打ちながら昇華する文化伝播の跡を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前篇 茶と養生・本草学-「植物」から「飲み物」へ(古代中国人の宇宙観と茶の存在位置
  • 固形茶から散形茶へと変化する原因について
  • 『茶経』研究における諸問題について
  • 『喫茶養生記』と宋代飲茶)
  • 後篇 茶と神仙・金丹説-「飲み物」から「精神文化」へ(茶と仙薬
  • 茶と詩
  • 茶と芸
  • 中国茶芸の日本伝来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶から茶道へ : 茶文化の思想的背景に関する研究
著作者等 東 君
書名ヨミ チャ カラ チャドウ エ : チャ ブンカ ノ シソウテキ ハイケイ ニ カンスル ケンキュウ
出版元 市井社
刊行年月 1998.6
ページ数 394p
大きさ 22cm
ISBN 4882080443
NCID BA36759270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99066153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想