子どもは大人のパートナー

坪井節子 著

子どもの自己決定権を尊重するパートナーシップ!!子どもの人権救済に数多く関わってきた弁護士が綴る子どもたちとの向き合い方。最終章に少年法改正問題を緊急収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 子どもは大人のパートナー(子どもの伴走者として
  • 子どもの人権とは何か
  • 子どもは大人のパートナー)
  • 2 学校で苦しむ子どもたち(体罰は「愛のムチ」じゃない
  • 校則ってなんだ
  • 学校に来れない子どもたち ほか)
  • 3 非行に走った子どもたち(なぜ少年非行に取り組むのか
  • 広美との出会い
  • 暴力と虐待のなかで ほか)
  • 4 見捨てられた子どもたち(施設で育った登
  • 登の変化
  • 母との別れと旅立ち ほか)
  • 5 座談会 子どもたちとともに生きて(非行少年とつきあって
  • 子ども劇場での取り組み
  • 養護施設の現場で ほか)
  • 6 少年法「改正」をめぐって(少年法「改正」をめぐって
  • 子どもの言葉を聞く-少年法の目的
  • 少年法改革の必要性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもは大人のパートナー
著作者等 坪井 節子
書名ヨミ コドモ ワ オトナ ノ パートナー
出版元 明石書店
刊行年月 1998.7
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4750310573
NCID BA36758507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99029038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想