日本仏教史  中世

大隅和雄, 中尾尭 編

古代仏教の伝統を受継ぎながら、革新的宗教運動を引起こし、自ら変容をとげ展開する中世仏教。そこには、都市・農村を問わず多くの人びとが関わりを持ち、生活に大きな影響を与えた庶民仏教の姿がある。仏教史の常道である教理・教団史を打破り、政治・社会・思想・文化史の成果を踏まえ、日本史の中に総体的に位置づけ、新中世仏教史を構築する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 中世仏教の特質と課題
  • 2 古代仏教の継承
  • 3 政治体制と仏教
  • 4 仏教文化の創出
  • 5 仏教の革新運動
  • 6 仏教と一揆
  • 7 仏教文化の多元的創出と伝播
  • 8 近世仏教への胎動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本仏教史
著作者等 中尾 尭
大隅 和雄
中尾 堯
書名ヨミ ニホン ブッキョウシ
巻冊次 中世
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.7
ページ数 309, 15p
大きさ 20cm
ISBN 4642067523
NCID BA36748536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99027147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想