中村元選集 : 決定版  別巻 6

中村元 著

普遍的国家の統治者。「和の思想」という普遍的理念にもとづいて聖徳太子が目指したものは何か。人類の思想史上における太子の意義を世界史的視点から位置付ける。新編集による決定版選集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 聖徳太子と奈良仏教
  • 第2章 奈良仏教のコスモポリタン的性格
  • 第3章 普遍的国家と十七条憲法
  • 第4章 三経義疏
  • 第5章 太子を敬慕する人々
  • 十七条憲法
  • 『維摩経義疏』
  • 聖徳太子年譜
  • てびきとなる文献

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中村元選集 : 決定版
著作者等 中村 元
書名ヨミ ナカムラ ハジメ センシュウ : ケッテイバン
書名別名 聖徳太子 : 日本の思想2

Nakamura hajime senshu
巻冊次 別巻 6
出版元 春秋社
刊行年月 1998.7
版表示 決定版
ページ数 355, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4393312384
NCID BA36682799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99019744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想