近世日本と朝鮮漂流民

池内敏 著

本書は、日朝間において生じた漂流・漂着事件を素材にして、近世における日朝相互認識の地域差・階層差のありように接近せんとするものである。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1部 近世日朝間における漂流民送還(近世日朝間の漂流民
  • 日朝漂流民送還制度における幕藩関係
  • 近世朝鮮人の漂着と朝鮮語通事
  • 倭館と漂流民の明治維新)
  • 第2部 朝鮮漂流民と近世日本民衆(一七世紀、蝦夷地に漂着した朝鮮人
  • 「悪党」漂民と天明四年令
  • 鳥取藩領に漂着した朝鮮人
  • 出身地を詐称する漂流民
  • 境界の意識)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文目録
  • 目次
  • 序にかえて / p1
  • 第一部 近世日朝間における漂流民送還 / p7
  • 第一章 近世日朝間の漂流民 / p9
  • 第二章 日朝漂流民送還制度における幕藩関係 / p33
  • 第三章 近世朝鮮人の漂着と朝鮮語通事 / p69
  • 第四章 倭館と漂流民の明治維新 / p89
  • 付論 明治初年における朝鮮漂流民送還費用の負担開題 / p117
  • 第二部 朝鮮漂流民と近世日本民衆 / p135
  • 第五章 一七世紀、蝦夷地に漂着した朝鮮人 / p137
  • 第六章 「悪党」漂民と天明四年令 / p161
  • 第七章 鳥取藩領に漂着した朝鮮人 / p189
  • 第八章 出身地を詐称する漂流民 / p217
  • 終章 境界の意識 / p241
  • 注 / p266
  • 付録 近世日朝漂着年表 / p1
  • 参考文献 / p153
  • 参考史料 / p158
  • 索引 / p161

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近世日本と朝鮮漂流民
著作者等 池内 敏
書名ヨミ キンセイ ニホン ト チョウセン ヒョウリュウミン
書名別名 Kinsei nihon to chosen hyoryumin
出版元 臨川書店
刊行年月 1998.6
ページ数 294, 173p
大きさ 22cm
ISBN 4653034966
NCID BA36681333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99024082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想