客分と国民のあいだ : 近代民衆の政治意識

牧原憲夫 著

「外国に支配されようが、徳川の世の中に戻ろうが、飯さえ食えれば文句無い」。明治初年の民衆はこううそぶいた。そこには、近代社会への反発と、政治から切り離されたことによる客分意識が横たわっていたのである。だが、その人々が、やがて対外戦争に同調していったのはなぜか。政治文化の視点から、国民意識が創出される姿を描き、近代を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 客分というスタンス
  • 1 民衆にとっての「政事」
  • 2 民衆と自由民権運動
  • 3 国民化の回路
  • 4 仁政のゆくえ
  • おわりに せめぎあいの場を生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 客分と国民のあいだ : 近代民衆の政治意識
著作者等 牧原 憲夫
書名ヨミ キャクブン ト コクミン ノ アイダ : キンダイ ミンシュウ ノ セイジ イシキ
シリーズ名 ニューヒストリー近代日本 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.7
ページ数 243, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4642037004
NCID BA36664221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99113014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想