遺伝子という神話

リチャード・レウォンティン 著 ; 川口啓明, 菊地昌子 訳

社会や人種の不平等は宿命ではない。遺伝子が個人の能力を決めるはずがない。好評のラジオ講演をもとに、平等な社会、人間の自由を豊かに展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 理性にもとづく懐疑
  • 2 すべては遺伝子のなかに?
  • 3 原因と結果
  • 4 教科書のなかの物語
  • 5 社会の活動としての科学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子という神話
著作者等 Lewontin, Richard C
川口 啓明
菊地 昌子
川口 啓朗
レウォンティン リチャード・C.
書名ヨミ イデンシ ト ユウ シンワ
書名別名 Biology as ideology
出版元 大月書店
刊行年月 1998.6
ページ数 156, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4272440268
NCID BA36663874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99064313
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想