DRG/PPS導入の条件と環境 : 求められる日本版診断群別包括支払方式のインフラ整備

川渕孝一 著

[目次]

  • 第1章 日本で今なぜDRG/PPSなのか-わが国の診療報酬制度改革の方向
  • 第2章 日本にDRG/PPSはなじむのか
  • 第3章 DRG/PPSが導入された場合の保険請求
  • 第4章 分類(コーディング)の基礎知識
  • 第5章 コーディングを日本の病院に根づかせる方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DRG/PPS導入の条件と環境 : 求められる日本版診断群別包括支払方式のインフラ整備
著作者等 川淵 孝一
書名ヨミ DRG PPS ドウニュウ ノ ジョウケン ト カンキョウ : モトメラレル ニホンバン シンダングンベツ ホウカツ シハライ ホウシキ ノ インフラ セイビ
書名別名 DRG PPS donyu no joken to kankyo
出版元 薬業時報社
刊行年月 1998.5
ページ数 205p
大きさ 26cm
ISBN 4840723893
NCID BA3663383X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想