黒い聖母と悪魔の謎 : キリスト教異形の図像学

馬杉宗夫 著

目隠しされた女性像、黒い聖母、悪魔、葉人間-大聖堂の奇怪な図像はなぜ生まれたのか。もう一つのキリスト教美術を鮮やかに解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 悪魔の出現とその形態
  • 2 ロマネスク美術と『黙示録』
  • 3 右と左の序列-左は悪い方向
  • 4 謎の黒い聖母像
  • 5 『旧約聖書』伝壁画のなかの横顔像
  • 6 目隠しされた女性像-シナゴーガ表現
  • 7 「葉人間」の正体
  • 8 怪物ガルグイユの象徴的意味
  • 9 一角獣のタピスリーの意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒い聖母と悪魔の謎 : キリスト教異形の図像学
著作者等 馬杉 宗夫
書名ヨミ クロイ セイボ ト アクマ ノ ナゾ : キリストキョウ イギョウ ノ ズゾウガク
書名別名 Kuroi seibo to akuma no nazo
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1998.7
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4061494112
NCID BA36607024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99019631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想