人はなぜ歴史を偽造するのか

長山靖生 著

明治の高官が英国で発表、邦訳が売れに売れた「義経=ジンギスカン説」。同工異曲が繰り返しベストセラーを生んだこの伝説は、日本の大陸侵攻の絶好の免罪符となった。神代文字なるもので書かれた数千万年に及ぶ日本史。南朝正統論と相俟って、際どい妄想が右翼政治家を走らせた。偽系図屋の大繁盛、偽文書づくりの横行。あるべき美しい過去の捏造に狂奔する人物、集団、権力者。わが民族の心理構造を、抱腹絶倒の事例から暴くユニーク日本人論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 妄想が歴史となる瞬間
  • 第2章 南朝神話に群らがる人々
  • 第3章 教科書から消された五人の天皇-南北朝正閏論争とその時代
  • 第4章 歴史という「物語」を超えて
  • 第5章 ふたつの憲法の精神史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人はなぜ歴史を偽造するのか
著作者等 長山 靖生
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ レキシ オ ギゾウスルノカ
出版元 新潮社
刊行年月 1998.6
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 4104241016
NCID BA36605991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99013577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想