欧州統合への道 : ECからEUへ

清水貞俊 著

本書は、欧州共同体発展の40年を、歴史のなかの統合および統合思想を紹介しつつたどるとともに、欧州統合の現状とその問題点を最新の研究成果にもとづいて明らかにする。著者の40年に及ぶ欧州共同体研究のひとつの総括であり、達成でもある。巻末には、年表・附属資料・参考文献など、欧州統合の歩みと研究が一望できる、便利な資料を収録した。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1章 欧州統合の思想と運動
  • 第2章 第二次大戦後の統合運動
  • 第3章 欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)の設立
  • 第4章 農業共同体計画と部門別統合の動き
  • 第5章 欧州同盟へ向かっての動き
  • 第6章 欧州同盟へ向けての具体的始動
  • 第7章 単一欧州議定書の調印とその意義
  • 終章 単一欧州議定書以後と将来への展望

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 / p1
  • 図表一覧 / p12
  • 第1章 欧州統合の思想と運動 / p1
  • 第1節 歴史の中の統合運動 / p1
  • 第2節 第一次大戦後の統合運動 / p3
  • 第2章 第二次大戦後の統合運動 / p7
  • 第1節 マーシャル計画と欧州経済協力機構(OEEC) / p7
  • 第2節 欧州審議会の設立 / p8
  • (1)欧州統合運動の高まり / p8
  • (2)欧州審議会の性格 / p10
  • (3)unioとnunity / p12
  • (4)欧州審議会改革の動き / p15
  • 第3章 欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)の設立 / p19
  • 第1節 ECSC設立の背景 / p19
  • (1)地理的・歴史的・経済的背景 / p20
  • (2)シューマンの提案とモネ計画 / p25
  • 第2節 ECSCの性格 / p31
  • (1)目的と内容-特にカルテル規制を中心に / p31
  • (2)ECSCの機関-超国家性の問題を中心に / p34
  • 第4章 農業共同体計画と部門別統合の動き / p41
  • 第1節 多くの共同体計画 / p41
  • 第2節 新機能主義的統合の意味するもの / p43
  • 第3節 欧州農業共同体計画 / p44
  • (1)登場した多くの農業統合計画 / p44
  • (2)農業同盟計画の結末 / p47
  • 第4節 欧州防衛共同体計画 / p49
  • (1)欧州防衛共同体計画の背景 / p49
  • (2)プレヴァン計画 / p51
  • (3)欧州防衛共同体条約 / p57
  • (4)欧州政治共同体計画 / p60
  • 第5節 フランスにおけるEDC条約批准をめぐる対決 / p63
  • (1)各国の批准状況 / p63
  • (2)世界情勢の変化とフランス世論の動向 / p64
  • (3)フランス政界・政党の状況 / p65
  • (4)フランス議会によるEDC条約批准の拒否 / p67
  • 第6節 欧州経済共同体(EEC)の形成へ / p70
  • (1)EDC条約拒否の結末 / p70
  • (2)西欧同盟(WEU)の形成 / p70
  • (3)欧州統合の再出発とその背景 / p72
  • (4)欧州統合の再出発とECSCの評価 / p73
  • (5)欧州統合の再出発-ジャン・モネの行動 / p87
  • 第5章 欧州同盟へ向かっての動き / p95
  • 第1節 ハーグ首脳会議 / p95
  • 第2節 経済通貨同盟の段階的現実に関する決議 / p98
  • 第3節 パリ首脳会議(1972年10月/1974年12月) / p100
  • 第4節 チンデマンス報告 / p103
  • 第6章 欧州同盟へ向けての具体的始動 / p111
  • 第1節 80年代の動きの背景 / p111
  • (1)問題の発端-70年代の困難 / p111
  • (2)EC理事会の決定方法 / p112
  • (3)イギリスの財政負担問題と1980年5月30日のマンデイト / p116
  • (4)1978年にEC委員会が描いた80年代ECの素描 / p121
  • 第2節 欧州議会の欧州同盟条約草案をめぐって / p122
  • (1)欧州議会の動き / p122
  • (2)「欧州同盟条約草案」の内容と基本的性格 / p124
  • (3)「欧州同盟条約草案」の決定方法とEC・EUの決定方法との関係 / p126
  • (4)「欧州同盟条約草案」の意義 / p144
  • 第7章 単一欧州議定書の調印とその意義 / p151
  • 第1節 独伊のイニシアティブ / p151
  • (1)ゲンジャー・コロンボのイニシアティブの背景 / p152
  • (2)ゲンシャー・コロンボ計画の内容 / p154
  • (3)特徴と評価 / p156
  • 第2節 欧州同盟に関する厳粛な宣言 / p157
  • (1)採択までの経緯 / p157
  • (2)「厳粛な宣言」の内容 / p158
  • (3)評価 / p161
  • 第3節 フォンテヌブロー欧州理事会 / p163
  • (1)議長国フランスの面目 / p163
  • (2)ブラッセル欧州理事会 / p165
  • (3)フォンテヌブロー欧州理事会 / p168
  • (4)ドゥーグ委員会の報告書 / p170
  • (5)ミラノ欧州理事会 / p175
  • 第4節 ルクセンブルク会議および単一欧州議定書の調印 / p179
  • (1)第236条に基づく改正提案 / p179
  • (2)条約改正の審議と単一欧州議定書の調印 / p182
  • (3)審議の過程における諸問題 / p183
  • (4)単一欧州議定書の再評価 / p188
  • (5)単一欧州議定書の位置づけをめぐって / p194
  • 終章 単一欧州議定書以後と将来への展望 / p205
  • (1)政治同盟に関する政府間会議(IGCの発足) / p205
  • (2)交渉の経緯とマーストリヒト条約 / p206
  • (3)アムステルダム条約の評価 / p209
  • あとがき / p215
  • 巻末資料
  • ○関連年表 / p221
  • ○付属資料 / p229
  • [I]同盟または欧州同盟に関する文献の抜粋 / p229
  • [II]決定手続きに関する条文 / p249
  • ○参考文献一覧 / p257
  • 人名/事項/法令・条約索引 / p263

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 欧州統合への道 : ECからEUへ
著作者等 清水 貞俊
書名ヨミ オウシュウ トウゴウ エ ノ ミチ : EC カラ EU エ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1998.7
ページ数 271p
大きさ 22cm
ISBN 4623028755
NCID BA36596573
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99019348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想