文明の多系史観 : 世界史再解釈の試み

村上泰亮 著

西欧・イスラム・中国の三大文明が中世以降に分岐し、封建制度が西欧と日本だけに形成された理由は何か。西欧型の発展史観に代わる、壮大な歴史仮説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 批判的歴史主義に向かって
  • 二つの封建制
  • 二つの中世について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明の多系史観 : 世界史再解釈の試み
著作者等 村上 泰亮
書名ヨミ ブンメイ ノ タケイ シカン : セカイシ サイカイシャク ノ ココロミ
シリーズ名 中公叢書
出版元 中央公論社
刊行年月 1998.7
ページ数 330p
大きさ 20cm
ISBN 412002816X
NCID BA36567702
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99031837
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想