正当防衛権の再生

川端博 著

[目次]

  • 第1章 正当防衛権の基層と制約
  • 第2章 盗犯等の防止及処分に関する法律における正当防衛の性格
  • 第3章 正当防衛と緊急避難との比較
  • 第4章 自招侵害と正当防衛権の濫用
  • 第5章 自招侵害と正当防衛の成否に関する判例の検討
  • 第6章 対物防衛について
  • 第7章 正当防衛における「必要性」と「相当性」-わが国の学説史の素描
  • 第8章 防衛意思の要否
  • 第9章 防衛意思の内容・判断基準時および偶然防衛の取り扱い
  • 第10章 防衛行為と第三者の法益の侵害
  • 第11章 過剰防衛の法的性格
  • 第12章 共同正犯と正当防衛・過剰防衛の成否
  • 第13章 共同正犯と過剰防衛について
  • 第14章 正当防衛・過剰防衛と罪数論との関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正当防衛権の再生
著作者等 川端 博
書名ヨミ セイトウ ボウエイケン ノ サイセイ
シリーズ名 刑事法研究 第5巻
出版元 成文堂
刊行年月 1998.6
ページ数 290, 1p
大きさ 22cm
ISBN 4792314747
NCID BA36559668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99019076
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想