サッチャリズムの世紀 : 作用の政治学へ

豊永郁子 著

本稿は1980年代に英国の政治風景を一変させ、世界的な新保守主義ブームの先鞭をつけたサッチャリズムと呼ばれる一連の政治的イニシアティヴを理解しようとする試みである。それは同時に、今日における政治学という学問的営為の一つの可能性を指し示すことを期すものとなっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 サッチャリズムへの理論的視角
  • 第1章 文脈の同定-イギリス政治の再検討
  • 第2章 サッチャリズム前史-1979年以前の住宅政策
  • 第3章 第一期サッチャー政権-「買う権利」政策の展開
  • 第4章 1980年住宅政策体制-中央・地方関係の混迷
  • 第5章 第二期サッチャー政権-革新への胎動と民営化政策
  • 第6章 1987年保守党綱領-ポピュラー・キャピタリズムの誕生
  • 第7章 第三期サッチャ-政権-新しい国家戦略の形成
  • 終章 作用としてのサッチャリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サッチャリズムの世紀 : 作用の政治学へ
著作者等 豊永 郁子
書名ヨミ サッチャリズム ノ セイキ : サヨウ ノ セイジガク エ
シリーズ名 現代自由学芸叢書
出版元 創文社
刊行年月 1998.6
ページ数 239, 50p
大きさ 22cm
ISBN 442373088X
NCID BA36532628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99015986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想