はじめての哲学史 : 強く深く考えるために

竹田青嗣, 西研 編

哲学者たちは、何を問い、どう答えてきたのか。彼らとともに、「原理的な思考」の可能性を探る新しい哲学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 哲学を学ぶために
  • 第1章 哲学のはじまり
  • 第2章 原理の思考の展開
  • 第3章 ギリシャ哲学のたそがれ
  • 第4章 神学と哲学の矛盾
  • 第5章 主観・客観の難問
  • 第6章 観念と社会秩序の成り立ち
  • 第7章 ドイツ観念論の展開
  • 第8章 近代哲学の解体
  • 第9章 近代理性への懐疑
  • 第10章 原理の建て直しのために
  • むすび 哲学を生かすために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめての哲学史 : 強く深く考えるために
著作者等 竹田 青嗣
西 研
書名ヨミ ハジメテ ノ テツガクシ : ツヨク フカク カンガエル タメニ
シリーズ名 有斐閣アルマ : Interest
出版元 有斐閣
刊行年月 1998.6
ページ数 321p
大きさ 19cm
ISBN 4641120463
NCID BA36455968
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99016617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想