科学技術社会学の理論

松本三和夫 著

科学技術は、どう社会とつなげてとらえることができるのだろう。本書は、社会学の立場からこの問に解答を見いだすことをめざすものである。まず多様な科学技術のすがたと、それを社会学的にとらえる多様な立場を確認する。そのうえで、そのような対象と方法の多様性から多様な像が得られても、それぞれの像を互いに翻訳して同一の土俵で解釈可能にする枠組を提案した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 科学技術社会学とは
  • 1章 科学者集団の内部構造
  • 2章 科学と社会の制度化
  • 3章 科学、技術、社会の相互作用
  • 4章 地球環境問題を考える-科学技術社会学からながめてみれば(1)
  • 5章 原子力研究・開発を考える-科学技術社会学からながめてみれば(2)
  • 6章 日本問題を考える-科学技術社会学からながめてみれば(3)
  • 終章 自己言及・自己組織型科学技術社会学と不確実性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学技術社会学の理論
著作者等 松本 三和夫
書名ヨミ カガク ギジュツ シャカイガク ノ リロン
書名別名 Kagaku gijutsu shakaigaku no riron
出版元 木鐸社
刊行年月 1998.6
ページ数 365p
大きさ 21cm
ISBN 4833222604
NCID BA36446606
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99029063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想