日本社会とは何か : <複雑系>の視点から

濱口惠俊 編著

ホンネとタテマエ、ウラとオモテ、閉鎖性と集団主義。日本社会について、これまで言われてきたこれらの言説は正しいのか。戦後日本の急速な技術革新、そして奇蹟的な経済成長は、どう説明されうるのか。本書は、これまでの「異質論・特殊論」を乗り越え、社会学・経済学・心理学・システム理論・文化人類学など、広範な分野の研究者たちによって多面的に描かれる日本社会論である。「ひとつの小さな行動が、全体に大きな振る舞いをもたらす」自然現象から経済システムまで、現代社会を読み解く、新たな知のパラダイム「複雑系」から、日本社会を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本型システムの編成原理(日本型システムの「人間」的編成
  • 日本社会論の方法の反省
  • 「個人」と「間人」との相補性 ほか)
  • 第2部 日本型システムの諸特性(オモテ・ウラの文化構造
  • 日本型システムにおける「現場主義」
  • 日本の知識型産業社会をどう編成するか-あるいは二一世紀型知識社会と日本システム ほか)
  • 第3部 日本型システムの価値的基盤-対人関係観の国際比較調査の分析から(「間人主義」・「個人主義」調査の概要
  • 対人関係観の国際比較-傾向分析
  • 「間人主義」・「個人主義」の統計的分析 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本社会とは何か : <複雑系>の視点から
著作者等 浜口 恵俊
書名ヨミ ニホン シャカイ トワ ナニカ : フクザツケイ ノ シテン カラ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1998.6
ページ数 316p
大きさ 19cm
ISBN 414001833X
NCID BA36444983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99066562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想