らくらく生物統計学

足立堅一 著

[目次]

  • 母集団と標本
  • SD(標準偏差)とSE(標準誤差)-その実戦的使い分け
  • 仮説検定と2種類の過誤(α・β)-その徹底的理解
  • 標本数と統計的結論-その関係の徹底的理解
  • 分割表におけるx2検定とU検定-その実戦的使い分け
  • 回帰と相関-その実戦的使い分け
  • 多重性に関する問題点-その徹底的理解と対処法
  • 平均値・分散の意義-モーメントの概念による理解を中心に
  • E(aX±bY±c)とV(aX±bY±c)の意味と意義-誤差分散の合成の理解を中心に
  • 数学的モデルとしての分布-代表的分布について解説〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 らくらく生物統計学
著作者等 足立 堅一
書名ヨミ ラクラク セイブツ トウケイガク
出版元 中山書店
刊行年月 1998.6
ページ数 247p
大きさ 21cm
ISBN 4521011810
NCID BA36438517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想