黄金の四角地帯 : シャン文化圏の歴史・言語・民族

新谷忠彦 編

[目次]

  • 第1章 「シャン文化圏」の概念が提唱するもの
  • 第2章 言語からみたシャン文化圏の民族とその分布
  • 第3章 シャン文化圏からみたタイ史像
  • 第4章 ラーンナーの歴史と文献に関するノート-チェンマイの誕生をめぐって
  • 第5章 タイ系民族の王国形成と物質文化-十三〜十六世紀を中心にして
  • 第6章 シプソンパンナーの交易路
  • 第7章 座談会 シャン文化圏の歴史と言語をめぐって(石井米雄
  • 新谷忠彦
  • ダニエルス,クリスチャン
  • 宇佐美洋)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄金の四角地帯 : シャン文化圏の歴史・言語・民族
著作者等 新谷 忠彦
書名ヨミ オウゴン ノ シカク チタイ : シャン ブンカケン ノ レキシ ゲンゴ ミンゾク
書名別名 Ogon no shikaku chitai
シリーズ名 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所歴史・民俗叢書 2
アジア文化叢書 2
出版元 慶友社
刊行年月 1998.4
ページ数 321p
大きさ 22cm
ISBN 4874491669
NCID BA36432157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99001364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想