カント・現代の論争に生きる  下

坂部恵 ほか編

現代の多くの哲学的問題がカント哲学から発現しているにしても、カント哲学の中にそのすべての解答を見いだすことはできないのであり、ましてやカントのテクストは「聖書」ではない。本書は、ある意味ではこれまでのカント研究に対して根本的な見直しをせまるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4章 意志と行為(行為と作用
  • 解釈の作業仮説としての自由な行為-カントの規範的行為論に寄せて ほか)
  • 第5章 倫理と共同体(責任倫理(学)としての討議倫理(学)-カント倫理学のポスト形而上学的変換
  • カントの実践哲学における独我論と討議倫理学 ほか)
  • 第6章 政治と法・権利(カントにおける正義と刑罰正義
  • 実地の法論-カントの政治概念 ほか)
  • 第7章 美学と文化(自然に対する感受性-カントの美の哲学における趣味判断と解釈との関係について
  • 体系構制、説得力、重要性-カントの「快・不快の原理」および「関心を欠いた満足感」という構想 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カント・現代の論争に生きる
著作者等 Schönrich, Gerhard
加藤 泰史
坂部 恵
大橋 容一郎
Sch¨onrich Gerhard
シェーンリッヒ ゲアハルト
書名ヨミ カント ゲンダイ ノ ロンソウ ニ イキル
巻冊次
出版元 理想社
刊行年月 2000.6
ページ数 450, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4650006066
NCID BA36420373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20083387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想