朝日新聞の「戦後」責任 : 国を危める報道と論説を糺す

片岡正巳 著

これが日本の新聞か。報道と論説を戦後の出発点までさかのぼって検証し、自国の名誉を傷つけ国益に背き続けた、サンゴ写真事件の比ではない「負の道程」をあぶり出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 相哭から東京裁判史観への変身
  • 「憲法九条」信仰の愚昧とその罪
  • 執拗な「九条の地球化」の幻想
  • 極東の平和と「安保危険論」の撞着
  • "60年安保"闘争に果たした役割
  • 冷戦下に日米安保解消を唱える
  • 「プラウダ日本版」の本領発揮
  • ひた走った親ソ路線とその結末
  • 中国にとって愛い新聞の偏向報道
  • 対中国スタンスの忌まわしい負の道程〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝日新聞の「戦後」責任 : 国を危める報道と論説を糺す
著作者等 片岡 正巳
書名ヨミ アサヒ シンブン ノ センゴ セキニン : クニ オ アヤメル ホウドウ ト ロンセツ オ タダス
シリーズ名 朝日新聞
出版元 展転社
刊行年月 1998.2
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 4886561454
NCID BA36417197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99024297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想