一八四八年革命の射程

的場昭弘, 高草木光一 編

ヨーロッパ革命から150年後の今、何を問題にすべきか-革命を捉える眼、革命の世界的展開、革命研究の可能性、を論じた最新の共同研究論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 一八四八年革命を捉える眼(一八四八年革命の精神と革命家-アメリカとイギリスのドイツ人コロニーを中心として)
  • 第2部 一八四八年革命の世界史的展開(イタリア三月革命-「ミラノの五日間」の社会史
  • 一八四八年におけるアソシアシオンと労働権-ルイ・ブランを中心にして
  • ザクセンにおける一八四八・四九年革命と協会運動-一八四九年五月蜂起を中心に ほか)
  • 第3部 一八四八年革命研究の可能性(「シュレスヴィヒ・ホルシュタイン問題」と三月革命
  • フランクフルト国民議会とヘーゲル左派-カール・ナウヴェルクの思想と行動を中心として
  • ミヒェルとゲルマーニア-諷刺図像に見るドイツ革命における国民国家の問題)
  • 補論 革命史研究の現在-アメリカ合州国における近年の研究動向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一八四八年革命の射程
著作者等 的場 昭弘
高草木 光一
書名ヨミ センハッピャク シジュウハチネン カクメイ ノ シャテイ
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1998.6
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 4275017277
NCID BA36411725
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99032085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想