漢詩入門

一海知義 著

『枕草子』や『源氏物語』など、王朝時代から日本人にこよなく愛されてきた漢詩は、一見とっつきにくいが、実はたいへん面白い。友情の詩、別離の詩、戦争の詩、大自然を歌った詩など、その「心」は今日なお新鮮で、私たちの心を深く揺さぶる。本書は歴代の代表的名作を紹介、かつ脚韻や平仄についての「Q&A」を付した。

「BOOKデータベース」より

『枕草子』や『源氏物語』など、王朝時代から日本人にこよなく愛されてきた漢詩は、一見とっつきにくいが、実はたいへん面白い。友情の詩、別離の詩、戦争の詩、大自然を歌った詩など、その「心」は今日なお新鮮で、私たちの心を深く揺さぶる。本書は歴代の代表的名作を紹介、かつ脚韻や平仄についての「Q&A」を付した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桃と花嫁-『詩経』「桃夭」
  • 世は溷れ濁りて-『楚辞』「離騒」
  • 虞よ虞よ若を-項羽「垓下の歌」
  • 人生百年-古詩十九首
  • スズメの歌-曹植「野田黄雀行」
  • 歳月人を待たず-陶淵明「雑詩」
  • 悠然として南山を見る-陶淵明「飲酒」
  • 天地悠悠-陳子昂「幽州台に登る歌」
  • ワシガサイフニゼニガアル-賀知章「袁氏の別業に題す」
  • 春眠暁を覚えず-孟浩然「春暁」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桃と花嫁-『詩経』「桃夭」
  • 世は溷れ濁りて-『楚辞』「離騒」
  • 虞よ虞よ若を-項羽「垓下の歌」
  • 人生百年-古詩十九首
  • スズメの歌-曹植「野田黄雀行」
  • 歳月人を待たず-陶淵明「雑詩」
  • 悠然として南山を見る-陶淵明「飲酒」
  • 天地悠悠-陳子昂「幽州台に登る歌」
  • ワシガサイフニゼニガアル-賀知章「袁氏の別業に題す」
  • 春眠暁を覚えず-孟浩然「春暁」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢詩入門
著作者等 一海 知義
書名ヨミ カンシ ニュウモン
書名別名 Kanshi nyumon
シリーズ名 岩波ジュニア新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.6
ページ数 210, 8p
大きさ 18cm
ISBN 4005003044
NCID BA36363881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99028778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想