その食事ではキレる子になる : 心と脳はこんなに食べ物に影響される

鈴木雅子 著

多くの子どもたちに、いま決定的に欠けている栄養成分がある。さらに、食品から体内に忍びこむ化学物質…。これらが脳や精神に重大な悪影響を与えるのだ。心を壊してしまう食事の正体を明らかにし、現代の危険な食生活を警告する書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ いま「食」を見直さないと取り返しのつかないことに…
  • 1章 いっけん豊かな食生活の寒々しい実態とは?
  • 2章 食べ物しだいで子供は良くも悪くもなる
  • 3章 脳の機能を高めるには何をどう食べればよいか
  • 4章 食品から体内に忍びこむ化学物質の恐るべき作用
  • 5章 心を活かす食卓をいかに創るか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 その食事ではキレる子になる : 心と脳はこんなに食べ物に影響される
著作者等 鈴木 雅子
書名ヨミ ソノ ショクジ デワ キレル コ ニ ナル : ココロ ト ノウ ワ コンナニ タベモノ ニ エイキョウサレル
シリーズ名 Kawade夢新書
出版元 河出書房新社
刊行年月 1998.7
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 4309501516
NCID BA36336696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99013750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想