太平記

永積安明 著

太平記ほど、世に不可思議なる書籍はあるまじきなり。…将来においても亦不可思議の功力あるは知るべきのみ-半世紀をこえる南北朝の乱世、権力者から名もない庶民まで2000名の登場人物の運命を、情趣的な日本の美文学とは異質の、雄大な構想をもって描きだした批判的かつ思想的な軍記文学「太平記」全体を読みとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『太平記』の「五不思議」
  • 『太平記』の構想-南北朝内乱の全体像
  • 後醍醐天皇-「公家一統」の政治
  • 大塔宮護良親王-「武家よりも君のうらめしくわたらせ給ふ」
  • 楠正成-「悪党」の戦術・戦略
  • 新田義貞-藤嶋城の戦い
  • 足利尊氏-「猶々とくとんせいしたく候」
  • 佐々木道誉-「婆娑羅」の世界
  • 高師直-乱世の梟雄
  • 『太平記』の思想
  • 怨霊の跳梁
  • 「溢レ者」の世界
  • 落書の時代
  • 『太平記』の成立と作者
  • 『太平記』の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平記
著作者等 永積 安明
書名ヨミ タイヘイキ
シリーズ名 古典を読む
太平記
同時代ライブラリー
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.6
ページ数 296p
大きさ 16cm
ISBN 4002603466
NCID BA36313690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99018834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想